その時君は          口を開けていた・・・      業界初!全国版カバ紙の雑記帳です。動物園の話題をお届けします。


by yukankaba-z

<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

悲報相次ぐ 

 札幌・円山動物園 07.1.30
28日、アジアゾウの「花子」(雌・推定60歳)が亡くなった。早朝倒れている花子を飼育係が発見、そのまま眠るように息を引き取った。死因は心不全で老齢によるものとみられる。

花子は同園が開園した翌年の昭和28年に来園し、昨年7月には赤い頭巾とちゃんちゃんこで還暦祝いが盛大に開かれた。昨年末には北海道大学によるDNA鑑定で花子のルーツがミャンマーにあることが判明し話題になったばかり。国内でも神戸王子動物園の諏訪子(推定64歳)に次ぐ長寿で、長年にわたり人気者として多くの人に愛された。
b0018524_4284112.jpg

写真上)国内最長寿の諏訪子64歳

同園では今月2日に飛行ショーで人気のシロフクロウ「セルゲイ」が、17日にはそりを引くトナカイ「ルドルフ」が亡くなったばかり。

道内最古の動物園でありながら、旭山動物園にスポットライトがあたる影で来場者数の減少に悩まされている。活気を取り戻すべく昨年立ち上げた「円山動物園リスタート委員会」では今月基本構想案をまとめたばかりだが、人気者の相次ぐ死が動物園にいっそう影を落としている。
[PR]
by yukankaba-z | 2007-01-30 04:33